しっぽ。

この写真は、ジルヲが我が家にやって来た翌日の朝に撮った写真です。




そして今日、ふと仕事の合間、足もとで寝ているジルヲを見ると・・・




めちゃ長くなっているんですけど・・・(滝汗)
我が家に来てまだ二ヶ月弱なんですけど・・・
約3倍の長さ?

手足が長くなることは聞いていたのですが
しっぽがこんなに長くなるとは知らなかった。。。


ジルヲのオヤジ現象?

ジルヲは生まれてまだ4ヶ月未満。
なのに・・・
なのに・・・
ナノニ・・・
人間で言うところの「オヤジ現象」が出てきています(汗)

1枚目の写真をご覧下さい。




ズームしてみます。




もう少し寄ってみます。




先日のお里帰りの際に、小夏ちゃんのお母さんが言ってくれるまで
全く気がつかなかったです。

くぅ〜ジルヲ!ケツ毛ながすぎ〜(汗)

続きを読む

チャンピオン!

仕事の合間に、安らぎと癒しを求めて
ジルヲのお里のブログを見ていたら・・・
なんと!ジルヲの父ちゃんが、またまたチャンピオンになった(2冠達成)




お里のブログから無断コピペ。>I倉さん、ごめんなさい。。。

ん?チャンピオン?
スバルがチャンピオン?
スバル?すばる?昴?
昴といえば谷村?
谷村新司といえばアリス?
アリスといえば・・・

チャンピオンだ!


スバルはチャンピオンに成る運命だったのね〜と
ひとり妄想暴走していたジルヲやぢでした(爆)


続きを読む

ケロちゃん登場。

先日、バスケ仲間のケロちゃんが、わざわざ遠いところから
ジルヲに会いに来てくれました。

ケロちゃんは柴犬のお母さんでもありまして
イヌ仲間でもあります。



いやぁ〜ほんとありがとね。
ジルヲも大満足で・・・



おいジルヲ!調子こいてケロちゃんにチュ〜するなよ!(汗)

★業務連絡★
ケロちゃん、先日はありがとね。
そしてこの日、ケロがバスケの試合の応援にも来てくれたので
我がチームは世田谷ベスト8に入ることが出来ました。(>二部だけどね・汗)
チーム代表としてお礼申し上げます。

今度は小鉄@柴犬とジルヲのご対面ですね。
その時にはヨロシクね。

うまれて3か月がたちました。

昨日、ジルヲは生まれて3か月になりました。




「僕、大人になったでしょ〜」と毎朝ジルヲは全身でそれを表現します。
ほんと大人になった・・・と、言うより
「でかくなった!」と表現した方が正しい感じです。

僕が寝ている布団に飛び込んでくる姿や
楽しいときにピョンピョン跳ねる姿は
パピーのジルヲ、そのものですね。

まだまだお子ちゃまなジルヲ君。
もう階段を抱っこして下りるのは辛いので
そろそろ兄妹の小夏ちゃんの様に
階段を上り下りして欲しいものです。

たのむよ、ジルヲ!

続きを読む

まだ無理です。。。

ここ数日の朝の特訓?
自ら志願して階段を下りる練習をしているジルヲ。










べろ出して照れ笑いしているジルヲ。
いいんだよ。
まだ階段下りられなくてね。
下手に下りようとして階段から落ちたら大変だから。。。
それに関節が心配だから、まだまだ父ちゃんが抱っこしてあげるよ〜(汗)
(そろそろマジで腰が・・・辛いです)

続きを読む

ボクのごはん まだですか?

「父ちゃん、お仕事の進行具合どうですか?」って感じで
夕方、机の上に頭をのせるジルヲ。

いっ?いつの間にこんなにデカくなった?(汗)




お仕事確認後は毎回こんな感じで・・・



父ちゃん!はやくメシ!!!と催促。

はいはいわかりましたよジルヲくん。

バスケ仲間な女性陣。

先日、バスケ仲間な女性陣がジルヲに会いに
わざわざ遠いところまで来てくれました(涙)>ぐぅ〜ありがとう!!!
ほんと恐縮で、ほんとうにありがたいことでした。



T臼様、ピンぼけでごめんなさい



ジルヲに顔面をなめられているY本姉さん。
めちゃ動物好きな女性です。
なぜかジルヲはY本姉さんのところばかり寄り添っていたね。



そしてジルヲを抱きしめるS〜さん。
ジルヲもビックリな愛情で。。。




ほんとみなさんありがとね。

ますますジルヲはにんげん大好きに成ってめちゃ良かったですよ。

ほんと感謝です。
ありがとね。

P.S.:S〜さん、ごめんよ〜
ジルヲのオシッコ跡、踏んじゃったね。
申し訳なかったm(__)m

助けて〜

冒険好きなジルヲ君。
にんげんの母さんが「ジルヲ〜朝ごはんよ〜」と言っても走って来ない?
あれれ?どこ?どこ?と探したら、どうやら2階からクンクンと泣き声が・・・




もう抱きかかえて2階から下りてこられないにんげんの母さんに替わって
にんげんの父さんがだっこして下りてきたのは言うまでもありません。

おい!ジルヲ!・・・おっ重いよ(滝汗)

※ジルヲ只今急成長中です。

続きを読む

素敵な贈り物。

なにやらクール宅急便でひとつの箱が届いた。
中を開けてみると・・・

素敵な肉の詰め合わせが大量に来ました。




おいジルヲ!父ちゃんだって食べたことがない素敵な肉だよ。
いいなぁ〜〜〜

って・・・お〜〜〜い!寝てるんかぁ〜〜〜?
父ちゃん食っちゃうぞ〜〜〜