コーヒーのかほり

朝と夜、父さんはコーヒー豆を挽くのが日課になっています。
ジルヲは豆を挽くガリガリっていう音は嫌いだけど、
煎れたてのコーヒーの香りがしだすと、ちょっと近づいてみたくなります。




時々、豆を買いにコーヒーショップにも付き合います。
へえ〜、沢山種類があるんですねー。

オーナーのお兄さんが、拘って仕入れたコーヒー豆は、どれも美味しいんだってーー。




外でお父さんを待っている間、
いろんな人に声を掛けられて撫で撫でされましたー。

また、父さんの買い出しお付き合いしますねーー。