川のほとりで

のどかな東北の田園地帯を流れるあぶくま川。
河川敷に出てちょっと遊んでみましたー。
ぼくの背景に見える作りかけの橋は、町の財政難で完成のメドが立っていないんだってー。




夏は鮎釣り、秋になると鮭がのぼり、冬は白鳥も飛来して
四季彩りの顔を見せるんだってー。
もし、カヌー犬になった暁にはこの川を制覇するぞー。




夏の思い出 その2

四尾連湖畔のつづきですー。

今回一緒に遊んだワンコ仲間はというと、
時計回りで左からドンちゃん、桃子ちゃん、ミワちゃん、ライトニング君。
ミワちゃんを除く全員、一日中ノーリードで自由に走り回っていたのー。

いぇーーーーい。




隣のキャンプサイトには、ボーイスカウト達がキャンプをしてて
時々、子供達の仲間に入れてもらったりしたけど、文句を言う人は誰もいなかったのー。
設備が整っていないキャンプ場の方が、みんな寛大な気持ちになれるんだね。




夜はライ兄さん、桃子姉さん達はテントの外で番犬の様に寝ていたけど
ぼくは、まだまだお子ちゃまなので屋根のある所で寝ましたー。
標高が高いので、とっても涼しくて気持ちよかったー。




食事はロッキーさんという料理人が僕らのおやつまで作ってくれたのー。
桃子姉さんはそんなロッキーさんが大好きで、しょっちゅう、おねだりをしてましたー。

食べて、泳いで、昼寝して、日が暮れ出す頃になると宴会が始まる。
オトナ達の夏休みの過ごし方の基本なんだってー。

さて、ジルヲの夏休みはというと、大きな冒険がありましたー。
まだまだ、ヘッピリな泳ぎしか出来ないけど一応、泳いでますー。






そして、カヌーにも挑戦してみたりして。
揺られているせいか、なんだか眠くなってくるー。
バニでもカヌー犬になれるのかなー。




今回は、ライトニング家のお陰でたくさんの冒険が出来ましたー。
ジルヲはちょっとだけオトナになった気がするー。

一緒に遊んでくれた皆さん、ご飯を作ってくれたロッキーさん、
そしてライトニング家の皆さん、ありがとうさんでしたー。

夏の思い出 その1

同じ犬舎出身のライトニング家のお誘いで、山梨の四尾連湖畔にやって来ましたー。
東京から車を走らせること2時間ちょいの距離に、携帯の電波も拾わない、
いわゆる俗化していない、こんな湖が標高850メートルにあったのねー。




今回の集まりはライトニング家の本業、「バスボンド」の恒例企画で、
カヤック遊びをする人や、釣りを楽しむ人など
それぞれの趣味を持つ人達がたくさん集まっていましたー。




何という魚か知らないけど、大きなのを釣ってハッピーなお顔をしている人ー。
カヌーとカヤックとの違いも分からないけどボートも沢山浮いていましたー。

ライトニング兄さんは、ママがいない時はジルヲの事なんて無視しているくせに
ママの前だと急に厳しい態度をとるのは、何故なんだろう?
格好いいところをママに見せたいのかな?

水遊びにテンションが上がっているジルヲと
ライ兄さんの恋人、桃子ちゃんとの3ショットシーンはこちら。





ライ家全員が水の中で、ジルヲのジャンプを盛り上げてくれてありがとう!
ジルヲジャンプは、永遠だからね。

やっほーーーーっ。

次回につづく

母さんのお里帰り

母さんは少し早いお盆休みをとって、
ぼくと一緒に宮城県南部の実家にやって来ましたー!
やっほーーーーっ。

柴犬のナナちゃんと仲良くお散歩にー。
いくら走っても、息がはぁはぁしないのは
日中でも23度くらいにしかならない、今年は稀に見る冷夏だからーー。

この地方にとって、特に稲作農業を営んでいる人にとっては
美味しいお米が期待出来ない、がっかりな年なんだってーー。
それは困るよねーーー。




とは言ってもぼくにとっては、
この涼しさは超過ごしやすい、東京に比べたら天国だー。
地元の人には悪いけど、この涼しさを思いっきりエンジョイしているジルヲですー。
いぇーーーい。

そして、更に涼しい町へ足を運ぶ事にー。
母さんの旧友の案内でスキーのリゾート蔵王町にやって来ましたーー。
旧友は犬好きが高じて、趣味で犬関係のウェブサイトを作っちゃったんだってーー。

看板犬のhanaちゃんと一緒に牧場や、チーズ工場へ行ったりと
旧友との再会と観光をぼくも一緒に満喫してきましたー。




hanaちゃんはミックス犬で、11歳にはとても見えない童顔なお顔なの。
少しばかり、ぼくのやんちゃな行動にあきれていた様子がちょっと気になるけど、
今度逢う時、ジルヲはもっと大人になってるからねー。
それまでhana姉さん元気でねー。




そして、実家のナナ姉さんと思いっきり遊んで、
お家の畳が以外に心地良い事を発見して、
夏野菜を大量にいただき、いざ東京へUターン。

ひとときの夏休みを母さんと楽しんだ週末でした。


ラン貸し切り

雨が降ったり止んだりのお天気のせいか
日曜日というのに、芦花公園のドッグランはとっても静かでしたー。

バニさんが3頭遊んでいたので、思わず「うれしーーー!」って駆け寄っちゃったけど
ぼくの事には関心を示さず、あまり一緒にからんで貰えませんでしたー。




バニさん達が帰ってしまうと、ランはぼく一人の貸し切り状態にー。
誰か来ないかなーーーー。

芦花公園のランは7月下旬にリニューアルしたばかり。
以前は少しでも雨が降ると足下が泥んこになってすぐ汚れていたけど、
今は芝生が貼られて快適になったのー。
こんな風に、おねえ座りしてもお尻が汚れないっていいよねー。




この芝を維持するための運営費は、全てボランティアと募金で成り立っているんだって。
入り口付近で募金活動を行っているのー。
ボランティアの皆さん、ありがとーー。
ジルヲ家も出来る事は協力しますねーー。