古着からリメイク

雨が降ったら、ジルヲの洋服を作ろうと思っていた恰好の土曜日。
着古した“アバクロ”のTシャツをジルヲ仕様にリメイク開始ー。




先日作ったピチTよりも大きめに作ったので、当分は着れるのではないかと。
アメカジ風ワンコに大変身ー。
ワンコの体型は肩がないので、ラグランスリーブが一番似合うと思う。




Tシャツのタワーが何棟も並ぶ、うんざりする我が家のワードロープから
ジルヲのベッドカバーも作ってみたりして。




街に出掛ければ、便利でお洒落で可愛ゆいコンコのグッズが沢山あって
ネットでもすぐ手に入るけど、何やら物足りない。

ジルヲのことをあれこれ考えながら、
手を動かす時間を私は大事にしたいと思う。

襟足の不思議(生後6ヶ月編)

生後6ヶ月半を過ぎたジルヲ。
気になる襟足の白はと言うと、アルファベットの“S”になった。
5ヶ月の頃の””が”S”に成長。

どうせならジルヲの“G”になって欲しいと思う。




襟足の白は時々変化を遂げて
川縁でカモを見つめる後ろ姿は“く”の字に。




親戚のライトニング兄との2ショット。
ライ兄の白も常に変化しているらしい。




少しづつシンプルな形に変化してきた襟足の白。
どうか“G”になりますように(祈)。

小金井公園ドッグラン

今日はドーベルマン“ニモ姉さん”と小金井公園でデート。
こんな広いドッグランがあるなんて、ぼく達ワンコにとっては嬉しい限り。
小さいのも大きいのも一緒に集まって遊んでいるランなんだ。
やっほーーーーっ。




久しぶりに逢ったニモ姉さん、以前はなんて長身なんだろうって思っていたけど
今日は目線が同じ高さだったんだ。
ニモままは、ぼくの脚と胴が急に伸びたって言って驚いてたんだ。
でも、このくらいで驚かないで欲しいんだ。まだまだ大きくなるからね。




母さんはぼくに「友達を捜せ!」とコマンドを送ってきたけど
こんなに沢山のワンコがいると、やっぱりビビリ入っちゃうんだ。
慎重なぼくは、今日は挨拶だけにしておこうって思ったよ。







だけど、フレンドリーな白ラブが積極的で、
ぼくと遊ぼうってしつこいんだよね。

ごめんなさい!やっぱ、無理!って逃げまわっちゃったよ。
お願い!ぼくは上手に遊べないので、違う子と遊んでください!

白ラブさん、ホント勘弁してください。って感じで
半分、泣き入っちゃったよ。




そうこうしていると、超大型のセントバーナードさんがいらっしゃいました。
ぼくはこんな大型ワンコがやっぱり落ち着くんだ。
スバル父さんを思い出すよ。




今日はいろんなワンコに逢う事が出来たんだ。
ニモ姉さん、またぼくとデートしてね。


体力が勝負かも。

“ビビリっちょ王子”の名前を返上すべく、近所のドッグランにやって来たんだ。

今日はパラパラと雪が降っていたけど、積もる程じゃなく、
足元は、数日続いた雨でドロドロにぬかるんでいたんだ。




きっと気の合う友達がいるはず。若手の友達を探していたところ、
1歳そこそこのワイマラナー“ボンド君”が、誘いに来てくれたんだ。

彼のスピードに付いていくのは大変なんだ。必死で追いかけて走ったよ。
やっほーーーっ。




ぼくの息はすぐ「はぁ、はぁ」になっちゃって、
“ボンド君”にとっては、軽いストレッチ感覚だったみたい。

犬種の違いはあるにせよ、ワンコの世界、オトコは体力が勝負かも。
またもや課題が出てきたよぉ。


癒し本

仕事帰りの電車の中、これを見るとほっこりした気分になって
顔がニヤニヤと綻んでしまう。

最近はまっている癒し本がこれ
「編みいぬの毎日」




犬の種類は柴犬、ハスキー、ラブラドール、フレンチブル・・・
(残念ながらバーニーはいませんが)
毛糸1本でこんな表情豊かな犬ぐるみが出来るとは。

ジルヲの顔を思い浮かべながら
「編みいぬ」を創ってみようかな。

ライトニング兄さんに逢いに行く

またもや、やって来たライトニング兄さん宅。
目黒にあるバス釣りの専門店「BASSPOND」オーナー父さんが
出迎えてくれたんだ。

やっほーーーーっ。




ライ兄のいつもの散歩コースを案内してもらったんだ。
毎日、朝晩の2時間づつ散歩するのが日課なんだって。
散歩好きなライ兄に今日は付いて歩くぞ!!




見えて来たのは「都立林試の森公園」。
ライ兄は顔が広くって、道で会う殆どのワンコと友達なんだ。
きっと、みんなと挨拶していたら、散歩の2時間なんてあっという間なんだろうな。




久しぶりに逢ったっていう、ライ兄の幼なじみの “ジープ君”。
ライ兄と挨拶してから、ぼくにも興味を持ってくれたんだけど
ちょっと怖くなって思わず「キャン!」って悲鳴を上げてしまったんだ。
少し大袈裟過ぎたかもね。

兄さん達の遊びを見てたら
幼なじみがいるって、羨ましいなって思ったよ。




ジープ君のお父さんは絵本作家で、
お父さんの画く絵本にたまにライ兄も登場してるらしいよ。
いい話しだね。




ライ兄さん、今日はありがとう。
また、遊びに来るね。

駒沢ドッグランとカフェデビュー

今にも雨が降りそうな、どんよりした空模様の中、
今日は駒沢公園のドッグランにやって来たんだ。




ひょっとしたら、世の中はジョギングブーム(?)
公園内にはランナーが溢れていて、みんな真剣に走ってる。

もちろん、ドッグランにもたくさんのワンコが走っていたよ。
実はぼくより、ぜんぜん小さい小型犬に追い回されて、
終始逃げ回っていたんだ。

やれやれ。




今日の目的は、ドッグランと言うよりもワンコが入れるカフェに行くことなんだ。
愛犬家で賑わう土地柄のせいか公園界隈には、
犬連れOKのお店が多く点在しているんだ。

今日は6ヶ月を向かえたぼくが、にんげんの多いカフェで
どんだけお利口にしていられるか試される場でもあったんだ。




ここは「バワリーキッチン」。
夜遅くまで食事が出来てワンコ同伴でどこでも自由に座れるんだって。

店内はいつの間にか満席。
ぼくのしっぽが隣りのひとの足下にどうしても伸びちゃうんだ。
コンパクトに収まらない長いしっぽ。初めて不都合を感じたよ。

隣りで食事をしていた運動系のひとたちは、ぼくのしっぽにもイヤな顔ひとつせず
「いい子ですね。」ってぼくの頭をなでなでしてくれたんだ。

やっほーーーーっ。いい人で良かったよ。




ぼくの他にも小型犬のワンコが数頭と、
置物かと思うくらいお利口にしている ドーベルマンがいたんだ。
負けじにぼくもお利口にしてたつもり。




お店を出た後
「ジルヲ、グッドボーイ。また来るぞ。」って父さんが言ってたんだ。
もちろんだともーーー!
カフェデビュー大成功さ! いえーーーぃ。

アニマルコミュニケーション

先日、動物とのコミュニケーションを仕事にしている植松さんに、一昨年前に虹の橋を渡って逝った先代犬ゴールデン “ジル” について伺ってきました。

亡くなった子とのソウルコミュニケーションは、私にとってはちょっとスピリチュアルな大冒険ですが、今の犬ライフを充実させる為にも次のステージへ導いてくれる目的だとポジティブに捉えて、受ける事にしました。




ジルは今、さっぱりした気持ちで穏やかに下の世界を見ているとの事。
勿論ジルヲの事も知っており「なんでバーニーズにしたの?と不思議に思っているようですよ。」

亡くなる日まで元気にやんちゃしていたジル。その日が来た時の気持ちは?
という問いに対して「自分が居なくなったら、とうちゃん、かあちゃん2人で寂しくなるだろうな。元気出せよ。」
また、私たちに対して「ありがとう」「感謝している」という言葉もありました。
「次の子が来て楽しくやってるみたいで良かった。」

それを聞いただけで感無量な気持ちで一杯になりました。




そして今の気持ち、わたし達に伝えたい事は
「自分の事は忘れてもいいよ。自分の事を引きずって貰いたくない。今の子を大事にしてあげて。」

やんちゃ坊主だったジルはもう仏の心になっていました。
生前の垢を削ぎ落としてシンプルな気持ちでいるようです。
私としてはちょっと寂しい複雑な気分ですが、
ジルにとって満足する犬人生が送れたのだと解釈して良いのだろうと思っています。




「ジル、私たちの方こそありがとう。」と最後に伝えていただきました。


雪請い

ここ東京は、なかなか雪が積もらない。いや、降りもしないんだ。
天気予報の雪予報も、降ると言いつつ雨ばかりで、
当たった試しがないもんね。




↑あーあ、年末に見た雪が忘れられないよぉ。
雪のある所で、思いっ切り遊べたら楽しいだろうなぁ。

どうか、雪が降りますように。

浦安に大集合!

ニャンコ先生 “さちこさん”は、ぼくと同じ犬舎の“あおいちゃん” 家にいる主。
初めてニャンコと接近する事が出来たんだ。




最初は銅像かと勘違いしたくらいビクとも動かないんだ。
突然ぬくっと起きた時は、腰が抜ける程驚いたよー。
日だまりでぬくぬくと気持ち良さそう。とっても幸せそうな顔をしるんだ。

そうそう、ここは浦安の“あおいちゃん” のお家なんだ。




あおいちゃんの兄姉 ノエルちゃんと
ご近所のミックス たろう君も集まって、楽しい1日を過ごして来たんだ。

ノエルちゃんがお利口になる訓練を受けるっていうから、
ぼくも一緒に遊びながら参加しちゃったよ。




なんか、訓練って言うから厳しいのを想像していたけど
公園でボール遊びを楽しくやってるノエルちゃんを見ていたら
ぼくもジャンピングダッシュが止まらなくなっちゃって。やっほーーーっ。




散歩嫌いなぼくだけど、今日は楽しく歩く事が出来たんだ。
浦安、気に入ったかも。