虹の橋の向こうへ




2007年5月22日、ジルが虹の橋を渡っていきました。
前日の夜まで元気にはしゃいでいたのに、ジルの様態が急変したのは午前1時半頃。意識が朦朧としている様子で荒い息を立てていて苦しそう。急遽病院へ。
1ヶ月程前から2度、同様の症状がありました。心臓の周りに水が溜まっている症状で、水を抜くと信じられない程元気に回復をしていたのです。その日も水さえ抜いてもらえば元気になると信じていましたが、願い叶わず午前5時、私たちの腕の中で旅立っていきました。

ジル永眠 享年11歳9ヶ月




その日のうちに近所の犬仲間がお別れをしに来てくれました。
ニモちゃん、チョコちゃん、シーちゃん、メリーちゃん、ジルが大好きだった女のこたちでした。
ホントにありがとう。

続きを読む

寝ているジル君。



2007年春。
ジルがお空に行ってしまう二ヶ月前の写真です。
毎日スヤスヤ穏やかに寝ていました。

なにも前兆もなく
まさかこの二ヶ月後に虹の橋を渡るなんて
想像も出来ませんでした。

2007年お正月 冬の思い出

冬の北海道ニセコの山荘にジルと宿泊
2007年のお正月は元気に雪の中を駆け回っていたね。
羊蹄山と雪景色の見事な日の出に、
ジルが今年もいつまでも元気でいますように、と
お祈りをしました。




前の晩、
月明かりの中お外へおシッコに





寝袋で就寝 フカフカの羽布団が大好きなの




山荘と言うよりバンガロー だけど中は暖かでした




一晩で積もった雪は


続きを読む

函館「ラッキーピエロ」前で




函館の有名なファストフード「ラッキーピエロ」前で
にんげんのお母さんを待つジル。
その後、
ご褒美にちょっとだけハンバーガーをかじらせました。

続きを読む

自然の風が好きなの

車に乗るとジルは後部座席の窓から顔を出して
おもいっきり風を浴びていました。
大好きな海や川の匂いを感じていたのかな?
都会を離れるとすこぶるいい顔になる。
いつも笑い顔で楽しそう。








ニセコアンヌプリ登頂

ニセコアンヌプリ登頂
犬も乗れるロープウェイを途中まで使って
2時間程かけて登山を楽しみました。
楽しかったね。

風車のある風景

北海道、苫前町の風車軍
風車の足下まで来ると実際の大きさに圧倒される。

かけっこをするジルとはるかちゃん

かけっこをするジルとはるかちゃん




みんなでピザ作り。




キャンプ楽しかったね。

先代ジルとクリスマスケーキ

先代ジルとのクリスマスシーン

若かりし頃のジルくん。



5〜6歳のジル君です。